循環器疾患診療実態調査

実態調査の専用ホームページ
循環器疾患診療実態調査について
調査結果報告書
回答施設一覧 組織
転載・委員会・関連学会データ利用申請 調査結果報告書の転載
委員会・他関連学会等の活動支援の為の情報提供
公募研究等申請 公募研究応募 
2017年12月1日〜2018年2月22日(当日消印有効)
※終了致しました。
JROAD各種規定
公募研究採択一覧

専門医による医療活動の実態を正確に把握し、国内外に公開するのは日本循環器学会の責務の一つであると思います。本調査は循環器専門研修施設が専門医にとって医療の質を担保出来る水準を見定めるために発足しました。本調査は我が国の循環器の診療レベルを示す一次情報に相当するので、本報告を参考に自施設の診療を振り返っていただく機会になれば幸いです。今年度は、経年的に収集されたデータを基に対象となる疾患の臨床指標の検討を進める予定です。また、DPC対象施設より包括医療費支払いデータ(DPCデータ)を収集、分析を開始いたします。本データは、日本の循環器疾患のNational Dataになるものと大きな期待を持っております。今後も引き続きご協力をお願いします。

一般社団法人日本循環器学会 循環器疾患診療実態調査 IT/Database委員会
委員長 小川 久雄


●組 織
    →2017年度 循環器疾患診療実態調査組織はこちら
    →2016年度 循環器疾患診療実態調査組織はこちら
    →2015年度 循環器疾患診療実態調査組織はこちら
    →2014年度 循環器疾患診療実態調査組織はこちら
    →2013年度 循環器疾患診療実態調査組織はこちら
    →2012年度 循環器疾患診療実態調査組織はこちら
    →2011年度 循環器疾患診療実態調査組織はこちら

●回答施設一覧回答施設一覧はこちら

●循環器疾患診療実態調査 調査結果報告書
※報告書はPDF形式となります。データ利用には調査結果報告書の転載利用についてをご参照下さい。
2016年(2017年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2015年(2016年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2014年(2015年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2013年(2014年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2012年(2013年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2011年(2012年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2010年(2011年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2009年(2010年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2008年(2009年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2007年(2008年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2006年(2007年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版
2004年(2006年度実施・公表)循環器疾患診療実態調査 報告書 Web版

●循環器疾患診療実態調査の転載・データ利用・公募研究等について
【1.調査結果報告書の転載利用について】
※1 学術目的の場合には、※3に基づきホームページ上の出典を明らかにして
   ご利用下さい。
※2 学術目的以外の場合には、ホームページ上の図表の転載利用には
   使用目的・使用用途を明らかにして下記問い合わせ先メールにて
   許諾申請を行って下さい。
※3 転載引用先は、図表下に記載することを必要とします。
  (例):
  和=(正式)日本循環器学会:循環器疾患診療実態調査○○年報告書
    (略称)JCS○○年診療実態調査
  英=The Japanese Registry Of All cardiac and vascular Diseases (JROAD): Annual Report ○○

【2.日本循環器学会の各委員会・
   他関連学会等の活動支援の為の情報提供について】

※ 調査の目的・必要なデータを下記問い合わせ先宛に送付いただけますようお願いいたします。

(宛先・問い合わせ)
(一社)日本循環器学会事務局 
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー18F
E-mail: ITdatabase@j-circ.or.jp